カンボジアの人材派遣

カンボジアへの人材派遣はたびたび批判を受けることがあります。


一定の能力を持った者を派遣するならば、実際に日本国内でその人が働き、そのお金を寄付したほうがカンボジアのためになるのではないかという批判です。

暮らしを豊かにしてくれるカンボジアの人材派遣情報をお伝えします。

しかし現地に足を運び、活動を行うことは派遣された側の人材の今後の人生に大きな影響を与えるばかりではなく、派遣を受けた側の国やそこの人々の今後の人生にも大きな影響を与えることとなります。



人材派遣の醍醐味は人同士のかかわりによって彼らの将来に大きな影響を与えることです。

カンボジアは他の途上国に比べると日本からの渡航が簡単であり、日本の大学生などが多く訪れています。



これはただ自分が力になれるボランティア活動というだけでなく、彼らの将来に大きな影響を与えています。


また、人材派遣にはお互いの人生への影響以外にもメリットがあります。
優秀な人材を派遣することでその人たちがそこで師となり多くの知識を与えることができるのです。また、そこでそのように知識を授かった者たちが、その後に師が帰国した後でも、その時に授かった知識を別のものに伝え、知識を共有することでさらに発展していくことができます。
人材派遣はこのようにただ人材を派遣して終わるのではなく、その後の発展にも大きな影響を及ぼすことができるのです。

このようにたびたび批判の対象となる人材派遣ですが、それは実は派遣する側もされる側も今後に大きな影響を持ち、息の長い支援であることがわかるのではないでしょうか。