需要高まるカンボジアの人材派遣

企業の人手不足を解消することでも注目をされている海外からの人材派遣ですが、日本では様々な国から派遣者の受け入れをしているなかで、最も需要が高いと言えるのがカンボジアからの人材派遣です。
海外からの人材派遣を取り入れることで、人件費を抑える効果が期待できるのですが、これまで受け入れていた国の経済状況が安定していることなどによって、国によっては日本人を雇用するよりも人件費の負担が大きくなってしまうことも少なくはなく、そのなかでもカンボジアの人件費は比較的低価格であることから、日本企業を支える重要な役割を果たしています。

カンボジアの人材派遣情報ならこちらをご利用ください。

特に、製造業などにおいては、大勢の雇用者を必要としながらも製造にかかる光熱費や材料費などは値上げをしているため、人件費を出来るだけカットして良い製品を安く提供したいと考える企業が多く、人件費が安いカンボジアからの人材派遣を受け入れている企業も増加傾向にあります。



カンボジアは比較的日本に友好的であり、更には手先が器用な方が多いと言われており、製造業などにおいて手先の器用さは大きな戦力となります。

手先が器用で真面目に仕事に取り組む方が多いとされているからこそ、日本でも必要とされているのです。

また、カンボジアは発展途上国であり、日本で仕事を通じて技術を学び、母国の発展へと繋げようという意欲ある若者も多いと言えます。技術を身に付けることで母国の経済状況を安定させ、よりよい国を目指しています。


海外からの人材派遣を受け入れるということは人件費削減だけではなく、発展途上国をサポートすることにもなります。