カンボジアから人材派遣を受けるには

日本企業がカンボジアから人材派遣を受ける方法として外国人技能実習制度を挙げることができます。外国人技能実習制度はカンボジアなど発展途上国の若者を受け入れて技能実習を行う制度です。


技能や知識を習得させ祖国の発展に寄与することを目的とします。

魅力的なカンボジアの人材派遣関連の情報をたくさん掲載しています。

企業はカンボジアから人材派遣を受けるだけでなく、現地に進出する際のノウハウを取得できます。
現在では日本企業の多くがカンボジアに進出しています。日本では少子高齢化が進行して人口が減少し始めており、企業にとって人材確保は重要な課題です。

発展途上国の若者たちは現地の送り出し機関で選考されて日本企業に紹介されます。
優秀な能力と仕事に対する高いモチベーションを有していることから戦力として期待できます。



海外から技能実習という形で人材派遣を受けるには大きく2種類の方法が存在します。

企業が独自に受け入れを行う場合には、人材の選抜やビザの手配など様々な作業を自ら行います。
監理団体と呼ばれる組合を通して受入れを行う場合には、監理作業を団体に任せて技能実習に専念することが可能です。外国人技能実習制度により人材派遣を受ける方法として、監理団体を利用する方法が一般的に利用されています。



送り出し機関が現地で人材を募集し、監理団体を通して企業に紹介されます。

企業に紹介される若者たちは優秀な能力と高いモチベーションを持つ人材です。

派遣を受ければ雇用を安定化させ、経営効率を高めることができます。